産後の腰痛には、主に妊娠中から続くものと、産後の生活によるものがあります。

今回はその原因と対処法についてのお話です。

妊娠中から産後にかけて、卵巣からリラキシンというホルモンが分泌され、身体の靭帯が緩みます。

主に骨盤の恥骨結合を固定する靭帯と、仙腸関節を固定する靭帯が緩みます。

ここが緩むことで、出産時に赤ちゃんが産道をスムーズに通れるようになります。

リラキシンの分泌は産後2~3日で止まりますが、出産前と出産時に伸びた靭帯が元に戻るまでは、およそ3ヶ月かかるとされています。

高齢出産の場合や授乳姿勢などによっては、6ヶ月以上も元に戻らないこともあります。

靭帯が緩むと関節が動きやすくなり、身体の支えが不安定になります。

その不安定さを腰の筋肉でかばうため、腰痛が起こりやすくなるというわけです。

また、靭帯が緩むことで開いてしまった骨盤により、腰周りの筋肉や靭帯が余計に引っぱられてしまい、腰が痛みやすくなります。

靭帯が緩んで開いてしまった骨盤は、歪みやすい状態になっています。

そのため、妊娠中にすでに歪んでいる場合はもちろん、骨盤が小さかったり赤ちゃんが大きかったりすることで、出産時に歪んでしまうことも多くあります。

歪んだ骨盤は自力で戻れないため、歪んでいるかぎり、骨盤周りの筋肉に負担がかかり、腰痛が起こりやすくなります。

赤ちゃんの抱っこ、授乳など、それまであまり使わなかった筋肉を長時間使うようになると、負担がかかり痛みが出やすくなります。

さらに、慣れない赤ちゃんの世話で肉体的、精神的にストレスを抱えると、自律神経や筋肉組織に影響が及び、腰痛がひどくなることもあります。

出産前と産後に骨盤矯正を行なっておけば、骨盤の開きによる腰痛は軽減できます。

矯正で身体を整え、万全の状態で出産・育児を迎えましょう。

 

福岡市博多区にある整体 カイロプラクティック|福岡市博多区博多駅 口コミでも評判の整体
~腰痛・肩凝り・頭痛・スポーツ障害・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・シビレなどの辛い症状から、骨盤矯正・猫背矯正など姿勢や骨格の歪みもお任せください!!

福岡県福岡市博多区博多駅前二丁目5番5号 高木ビル7階

092-483-7033

  • このエントリーをはてなブックマークに追加